オデムの道草ドライブ&サイクリング(ブログ)

odemu.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2017/6/4(日)大坂峠サイクリング

今日は午後からサイクリングしようと思い、ゆっくり起きて、朝食を食べていたら、突然、朝から一日出かけて良いと許可が下りた。

できれば、大坂峠を越えて板野に抜け、土成から鵜の田尾トンネルで戻りたいと考える。でも、今から出発したのでは、全行程いけそうにもない。念のため輪行袋も持ち、車で白鳥に向かう。

11:05 サイクリング開始。道を勘違いし、やや遠回りして国道11号へ合流。引田駅前を通り、大坂峠への入口へ。でも、昼食の時間が近い。そういえば、うどん屋があったと思い出し、少し東へ行って、その名も、「うどんや」へ駐輪。11:32 9.6Km

b0353564_21270129.jpg
車がメチャたくさん駐車している。県境に近いからか、徳島や神戸などの他県ナンバーが勢揃い。店の入口にも行列ができており、10分少々待つ。温玉肉ぶっかけ(大・冷)570円+エビ天130円なり。
b0353564_21320466.jpg
b0353564_21330690.jpg
「うどんや」は海沿いなので、瀬戸内海の景色が美しい。
b0353564_21505587.jpg
向いのローソンに寄って、大坂峠へと走り出す。12:12
案外、斜度は緩く、私でも楽に登れる。下記はうどんや→あせび公園の駐車場までのルート。
b0353564_22365791.jpg
途中で引田の街が綺麗に見えたので、写真を撮っていたら、ロードに乗った3人組が登っていった。
b0353564_22075434.jpg
もう少し登ると、JR高徳線の線路が見え、ちょうど、徳島行きの特急うずしおが通り過ぎて行く。
b0353564_22124430.jpg
県境を過ぎ、徳島県鳴門市になるが、道は登っている。しばらく登ったら、板野町の標識が見え、ここが峠であった。13:07 17.3Km
b0353564_22165278.jpg
そういえば、「あせび公園」へ行きたいのに、入口がなかった。この先はどんどん下っているが?と不思議に思っていたら、少し下ったところに、「あせび公園」への分岐があった。13:15 17.8Km

ここから、あせび公園まで登り道だが、突然、道の勾配が強くなり、息も絶え絶え、休み休み登る。やっとのことで、あせび公園の駐車場に到着。13:49 19.8Km
b0353564_22444664.jpg

公園のマップを見ると、遊歩道が駐車場から左右に伸びて、左手に東屋・トイレとその先に「あせび公園展望台」がある。右手には「大坂峠展望台」がある。まずは、左手に向い、東屋へ。

セメント舗装のアップダウンのある道を歩くと、綺麗なトイレの横に東屋があった。東屋からは徳島市内方面が綺麗に見え、眉山や吉野川もよく見える。遠くの方は蒲生田岬まで見えているそうだ。
b0353564_22525933.jpg
遊歩道を東屋まで行き、疲労でバテ気味なので、しばらく休憩。それから、「あせび公園展望台」へ行くが、道の両脇が草ボウボウで、少しわかりにくい。展望台まで行ったが、さきほどと同じような景色であった。

一旦、駐車場まで戻り、右手の「大坂峠展望台」へ。こちらは瀬戸内海が見渡せて、とても素晴らしい。
これは引田方面
b0353564_23065064.jpg
先ほどの「うどんや」からも見えた島。左が通念島、右が松島(と思われる)。
b0353564_23073498.jpg
折野地区の向こうには鳴門の風車、淡路島
b0353564_23091779.jpg
しばらくの間、景色を堪能して、駐車場に戻るが、このまま引田へピストンで降りるのもつまらない。かといって、もう15:30なので、今から鵜の田尾峠経由で帰ると、私の鈍足では遅くなりすぎる。

時刻表を調べたら、板野発16:47発の普通列車があるので、板野まで降りて輪行で白鳥まで帰ることにする。下記は、あせび公園遊歩道の散策(青い線)と、阿波大宮駅への下りルート
b0353564_17501915.jpg
下りは少々風が冷たいが快適。あまり景色は見えないが、一箇所だけ、線路が通る集落の田んぼが綺麗に見える。
b0353564_23211143.jpg
踏切の音が聞こえるので、カメラを構えたら、高松行きの特急うずしおが通過した。今日は「うずしお」と出会う回数が多いが、1時間に1本(上下線で2本)の列車である。
b0353564_23253858.jpg
再び、どんどん下って行くと、阿波大宮駅への分岐がある。ちょっと寄ってみようと、脇道へ。
駅へ走って行くと、線路沿いの道になり、向こうに信号が見える。なかなか風情があるので、1枚撮影。
b0353564_23354850.jpg
集落の中に阿波大宮駅がある。15:58 28.7Km 大学時代、高松-徳島を何回も往復したとき、急行「阿波」のすれ違いで、この駅に停車すると、小さいけど綺麗に手入れされた庭に、咲いていた花を眺めたものである。無人駅となった今は庭もなくなり、線路にも草が生えている。
b0353564_12502187.jpg
ホームに出ると、またまた運良く、徳島行きの特急「うずしお」が通過。
b0353564_12512041.jpg
16:03 阿波大宮駅を後にして、再び、板野町へと走る。
b0353564_18153560.jpg
高速道路をくぐり快走するが、もう16:20。あと10分程度で板野駅に到着しないと、列車に乗れないかもしれない。間に合うのか不安がよぎる。そういえば、板野駅って、どのあたりにあるのだ??。

16:25 大きな交差点にきた。ガーミンで板野駅を検索して、ナビをセット。おお、この道を東に走れば1Km程度らしい。何分で走れるのだろうか。二車線の道を東にひたすら走る。と、ホームの屋根が見えてきた。「やったぁ。」と思ったが、ここは駅の裏側じゃないか。どうやって駅前に行くのだろうか。

回りを見渡すと、細い地下道があった。これだぁ!。小さな地下道をくぐって行くと、線路の反対側に出た。さらに、駅前までの道を探して走る。ついに板野駅に到着!。16:28 34.6Km

あまり距離を走ってないが、あせび公園まで上ったから、まぁ、良いか。
b0353564_18380835.jpg
列車は16:47発だから、急げば間にあう。自転車を折り畳み、ハンドルをはずそうとするが、なかなか外れない。こんな時に限って、手間が掛かる。ようやく輪行袋に入れて、自動販売機で切符を買う。讃岐白鳥まで360円なり。ちょっとだけ、JR四国に貢献したか。ついでに、ジュースも買っていたら列車が入ってきた。

あわててホームへ出たら、列車は跨線橋を渡って一番遠い3番ホームにいるではないか。急いで階段を上り、跨線橋を小走りするが、あえなく息切れ。気を取り直して、跨線橋を渡り、階段を降りて、列車から降りてくる人にぶつからないよう、列車に入って一安心。

あとは、のんびり座席に座って白鳥へと帰るだけである。
                                 終わり

[PR]
by odemu81 | 2017-06-05 18:58 | サイクリング(県外) | Trackback | Comments(0)
line

オデムは家族ドライブ、サイクリングや鉄道が大好きです。ここにはオデムが行って遊んだ場所・道草したところの写真や楽しいレポートを掲載していきます。以前のホームページはhttp://odemu.on.coocan.jp


by オデム
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31